利用者さんのお話

  • HOME
  • 利用者さんのお話

理事長挨拶

           
            

社会福祉法人とらくろの竹内です。
とらくろでは、就労継続支援B型事業所とグループホームを運営しています。

“頑張り続けることを諦めない場所を提供したい!!”

就労継続支援B型事業所ってなんだろう?
簡単にお話すると、事業所に通所し「お仕事」を通して社会参加の練習をするところです。
様々な事情や障がいを抱えた方が安心して暮らしていけるように「お仕事」「生活」の両面から支援を行っています。
お家から外へ出て、とらくろに相談に来ませんか?
きっかけは色々でいいのです。ご事情に合わせて、頑張り続けることを諦めない場所を提供したいと思っています。

「いつか一般就職してみたいな。」

「自由に使えるお金を稼いでみたいな。」

「友達が欲しいな。」

こんな気持ちを持ってこのページを見てくださった方に、とっておきの”とらくろ支援“でお迎えしたいと思います。



“とらくろ支援”ってなんだろう?”

今、どんな風に暮らしていますか?
朝は何時に起きますか?健康的なご飯は食べていますか?
「お仕事」をすると、約束の時間までに通所してあなたにも役割が生まれます。
毎日「お仕事」を取り入れる事で生活リズムを安定させて健康的な暮らしの基礎を作ることができます。
「お仕事」「生活」は一体のものです。
“とらくろ支援“は「お仕事」によって生活のリズムを安定させていただくことを大切に考えて、
利用者さんのお手伝いを行っています。


“あなたの居場所をとらくろで一緒に作りませんか?”

「お仕事」に関して不安をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。
これから就労支援の利用を検討されている方には、是非ともご自分のことをしっかりと理解してくれる場所で頑張っていただきたいという想いです。
当法人では、利用者さんのニーズに合わせて5つの就労継続支援B型事業所を展開しております。

つまり、雰囲気の違う場所を5個もご提案できるということです。

あなたに合った場所、合った作業を一緒に探してみましょう。
何度もお話しします。きっかけは色々でいいのです。
まずは、ご相談ください。
皆さんにお会いできることを楽しみに待っています。


利用者さんの声


20代男性

1人でグループホームに住んでても、グループホームの職員や就労の職員と毎日話ができるので安心です。ご飯も毎日違うものを食べることができておいしいです。就労は大変だけど、近所に散歩に行ったり買い物をしたり自分の時間も過ごすことができます。

30代女性

学生時代より、周囲との人間関係を築くのが下手で悩んでいました。アルバイトなどで就労の経験は多少ありましたが、結婚出産で社会との距離ができてしまったため、再びいきなり就労することには自信を失っていました。そんなとき、とらくろのことを知って今の自分が社会復帰の練習をする場所として最適と思いました。職員の方は皆さん優しく接してくれるので安定的に通所できています。

40代男性

個性派なスタッフさんが多いので、ただ仕事をする場所としてだけではなく、「楽しさ」を与えてくれるので、毎日嫌な気持ちにならずに通えています。これまで、色々な事業所を渡り歩いてきましたが、ここのスタッフさんは困ったことがあっても親身に話を聞いてくれるので信頼感と安心感があり、今までで一番長く通えています。

40代女性

希望すれば自宅玄関前まで送り迎えをしてくれるので、雨の日や調子が今ひとつ上がらない日でも無理なく通えるのが嬉しいです。昼食も安い値段で食べられるし、量も利用者の希望にあわせて少な目や大盛りにしてくれます。それ以外にも融通を利かせてくれるのが良いところだと思います。

70代男性

現在は箱折りの作業をやっています。最初は手が上手く動かずに苦労しましたが、ノルマもなく急かされることもないので自分のペースでできます。ここに通う前は日中ずっと家にいることが多く暇を持て余していましたが、今では毎日やりがいを感じながら生活できるようになりました。

お問い合わせ

施設のご利用についてや
ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL 011-374-1575 011-374-1575

■ 開所時間
【月曜日~金曜日】8:30~16:30
【土曜日】9:00~13:00
【祝日】8:30~16:30

■ 利用者様作業時間
【月曜日~金曜日】10:00~15:00
【土曜日】10:00~12:00
【祝日】10:00~12:00